細貝の生き方・考え方コラム

自分の人生がつまらない上に孤独なものと感じてしまう理由とその脱出法

細貝です。

 

自分にそのつもりはないのですが、人生が楽しくない、

むしろつまらないものに、そして孤独になっているなあと

自分で自覚してしまうと時期って誰でもあると僕は思っています。

 

実際、僕も毎日に変化が乏しかったサラリーマン時代は、

そう感じた時期はありましたので、そこから脱しようと取り組んだものです。

 

ですが、変わろうと思っても、それだけでは、

結局あまり変われないという結果になってしまうことも少なくありませんよね。

 

そこで、今回は現在の人生がつまらない状態、孤独な状態になっているところから

自分の求める人生に到達するための

実践しやすい現実的な方法とその考え方を紹介していきます。

 

自分の人生がつまらない状態になり、不安と孤独が押し寄せる理由

どんな人でも、人生は満喫できるのが理想ですし、みんなそうなろうと

毎日の仕事や生活を取り組んでいるとは思います。

 

ですがやはり、現代は人生を楽しんでいる人とつまらなく感じてしまう人、

もっと言うと孤独を感じる人に、どうしても分かれてしまっているのは現状です。

 

例えば、人生のつまらなさと孤独を感じる人には、

 

・このままの現状が、そのまま未来になることに抵抗や危機感を感じている

・自分のための人生ではなく、会社や組織のための人生になっている気がしている

・昨日と変わらない毎日がやってきて、特に何も感情が動くことなく淡々と一日が終わる

・つまらない、やりたくないと毎日思う割合が大きい状態で生活している

・現状を変えようと思っても、何も思いつかないもしくはする気が起きない

 

と言うような出来事に覚えのある人はいませんか?

 

まさに、人生がつまらなく感じているけど、

変えられない人の典型例と言っていいでしょう。

 

ただもちろん、

「つまらないからこそ人生は最高!」

なんて人生がつまらなくなってしまうのを望んでいる人は普通いないですよね。

 

では、その差がついてしまうのは何なのか?

 

簡単に言えば、仕方なくやりたくないことをしてばかりか

もしくは我慢してばっかりで自分の心からやりたいことを

やっていないケースが非常に多いです。

 

ただ問題としては、それだけではありません。

 

もっと言うと、仕事にしても何にしても、

自分からやっているのではなくやらされているからにも一因があります。

 

言うなれば「これやってキャンペーン」に乗っかっている割合が

多い点と言ったところでしょうか。

 

つまり、会社にしろ何にしても、意外と多くの人が

「これをして?」って頼まれたことを毎日やっているだけの場合が多いので、

自分で何かをしようと言う発想になりづらいですし、

毎日の生活に「自分個人」と言う性質の話や発想が出てこないです。

 

要するに、同じ能力を持っていればいいだけで、

自分個人でなければならない状況がないと言うことに薄々気づきます。

 

だからこそ、人生につまらなさを感じ始めてしまうとも言えますね。

 

 

まあ、その頼まれたことを解決し続けることで、人生の目標に近づいていき、

夢や思い描いた生活が達成できる見込みがあるなら、また別なのでしょうが、

大半の人はそうはならず、変化のない生活が続きます。

 

そんな他に代わりがいくらでもきく生活を続けているからこそ、下記5つのような、

人生をつまらないと思ってしまう理由が生まれてしまうワケです。

 

・人生に目標がない、もしくは決めていない

・他人と自分を比べてしまう、もしくはそんな環境にいる

・一日にやりたくないことをしている割合が多い

・毎日同じことを繰り返している

・収益を得るための仕事が正直やりたくない、仕方なくやっている

 

まあ、それでも大抵の場合、普通に生活できてしまうので、

本気で変えようと思う人は少ないですし、なかなか変えることもできません。

 

では、つまらない人生から脱するにはどうすればいいか、

僕もサラリーマン時代にも実感していたので

その意識や僕が実践した考え方も紹介します。

 

自分の人生がつまらない状況と孤独から脱出する意識改革

 

自分の人生につまらないと感じている人は多く見かけても、

そこから自分を軌道修正して、うまく言った人はあまり見かけない、

そんな印象は誰でも受けますし、実際事実としてそうなのでしょう。

 

それはなぜだと思いますか?

 

これに関して答えを見つけられないと、

自分で変わろうと思ってもつまらない状況から抜け出すことはできません。

 

3,2,1,0・・・・

 

って言うことで答えを言うと、あなたに限らず、

自分の無意識には、安定した状態を好む機能があるからです。

 

人間の体には、体温を一定に保つ機能があるのはみなさん知っているとは思いますが、

それの精神面バージョンって思ってくれればいいかと。

 

まあ、ホメオスタシス(恒常性)とも言いますが、特に覚える必要はないですよ。

 

つまり、例えつまらない人生であっても、特に問題なく生活できていると言うことは、

安定していると言うことになります。

 

だからこそ、変えたいと思っても、安定状態からの変化は、

無意識ではよくないことと思い込んでいるので、

心の奥底で抵抗があったり、例え変えても後で反動があるもの。

 

よく新しいことが続かなかったり、三日坊主になったりしますが、

大抵、原因はこの安定した状況を一定に保つ精神面バージョンと思っていいです。

 

この精神面ストッパーもこれから紹介する

つまらない人生を修正していくための方法でも作用していくので、

大前提として覚えておいていただければなと。

 

変えたい現状への疑問を持ち、それを解消する未来の目標を設定する

 

それでは、まずつまらないと思っている現状の人生を軌道修正したいと思うなら、

なぜつまらないと思ってしまうのか、疑問に思うことから始めた方がいいです。

 

 

ここをごまかして、現状の自分に満足しようとするのは無理ですし、

何をしても、何を言っても根本的な解決にはなりません。

 

と言うにも、つまらない人生を変えようにも、

何がつまらなくしているのかの原因を把握して、

その自分の人生をどこに向かわせるかの目標が明確でなければ、

結局変えられないからです。

 

例えば、あなたがつまらないと言われ、「何で」って聞いても、

「いや、何となく」

と言った返事をされたら、「じゃあどうしろってんだよ」って感じになりますよね。

 

結局、「なぜ」と「何を目指すか」の2つがはっきりしなければ、

人は本気で行動できませんし、ましてや変わることなどできるワケないです。

 

まあ、目指すものは人によってそれぞれですが、

自分にウソをつかず、正直に欲しいもの(必ずしも実物とは限らない)や

望んでいるライフスタイルを手に入れられるものでいいかと。

 

もちろん、その達成方法などの方法論はいきなり思いつかないかもしれません。

 

でも、何もそれで問題ない。

 

と言うか、自分の考えの外にあるからこそ、

達成したいもしくは軌道修正したい未来になりうるわけで、

簡単に達成するための道筋が見えたら、

目指すべき未来ではなく、ただの予定です。

 

何もワクワクもないですし、達成してもおもしろいとは思いません。

 

ただ、未来について話すと、

意外と自分のしたいこと、未来の目標が思いつかない人もいるかもしれません。

 

ですが、そう言う人は大抵、自分のやりたいことは、

自分の頭の中から生まれてくるものだと勘違いしています。

 

実際は、全く逆です。

 

と言うのも、自分のやりたいことって

他の誰かや話を聞いて、自分の中にも生まれてくることが大半になります。

 

大抵、自分から何かがしたいと思うよりも、

他人が何かしているのを見て自分もしたいって思うことの方が多くなかったですか?

 

なので、やりたいことを見つけるには、自分が興味のひかれることを複数用意し、

その共通点を多く含むことこそが足りたいことになりますので、

自分の興味のひかれることは日々ストックしておき、

自分の心からやりたいことを発掘していきましょう。

 

では、ここは大前提の部分でしたので、

次からは具体的な方法論の方にも移っていきます。

 

自分と他人を比較するのをやめる

 

次に、自分の人生をつまらないと思ってしまう状態、

ひいては孤独感も解消するのに手っ取り早いのは、

自分と他人の比較をやめることだったりします。

 

と言うのも、他人との比較はまさに自分に自信がない、

自分がつまらないと自覚していることの表れでもあるからです。

 

まあ、自分に自信があったり、マイナスの感情がなければ、

そもそも、今の自分で満足しているので、比較する発想になりませんからね。

 

なので、自分に自信がないからこそ、他人と比較して自分を決め、

この人に近づけば、自分もうまくいくんじゃないかと錯覚しがちです。

 

ですが、実際のところ、それでは

うまくいっても、自分の人生を送っているワケではないので、

結局、つまらなく感じてしまいます。

 

ただ、比較するのはNGですが、あこがれを持つのは悪くありません。

 

と言うのも、あこがれを持つ人と目指す人生の方向性が同じなら、

「この人のような人生になりたい!」

と言うことで実践が進み、ある程度の結果を出すまでは有効だからです。

 

 

って言うと、

「比較とあこがれって違うのか?」

と思うかもしれませんが、正直別物。

 

比較は自分と相手の優劣を決めるものですが、

あこがれは相手を尊重し、自分と相手も否定しません。

 

まあ、一人では自分の目標としたみたいへの達成のために

どうすればいいか分からなくなりがちですし、

自分一人で自信をつけるのは、簡単ではないですよね。

 

そういう言う意味で、あこがれを持てる同じ人生の方向性を進む

師匠や仲間を見つけ、共に進む環境を作ることは効果的だと言えます。

 

自分の目標、未来を肯定してくれる環境があれば、

自分に自信を持ち、突き進む原動力になり得ますからね。

 

現に僕は、同じような人生の目標に向かって実践するコミュニティに入って、

ビジネスを始め、人生の進路が急カーブしました。

 

だからこそ言えるのですが、

他人の成功や姿は祝福していくべきですので、

自分と比較する必要はありませんが、うらやむ必要のは悪くありません。

 

とは言っても、うまくいかず、自分に自信がなくなり、

「自分なんて・・・」ってことで

他人ばかり目が向いてしまう人もいるかもしれません。

 

ですが、忘れないで欲しいのは、どんな人でも長所と短所を併せ持っていて、

欠点ばかりの人なんていないと言うことです。

 

うまくいかない人は大抵、自分の長所に気づいていないかもしくは、

その長所を活かせる環境にはありません。

 

「自分のことぐらい分かるよ!」

と思ってしまうかもしれませんが、

僕もそうだったように意外と自分に熟知している人って少ないんですよ。

 

なぜなら、人生をつまらないと思っている人は、

「これをやってキャンペーン」で動いていることが多く、

自分の内面や本心を抑えて、考えないように

仕事をしたり、行動したりしていることが多々あるからです。

 

だからこそ、自分やその本心を否定せずに認め、

他人と比較するのではなく、あこがれを持てる

同じ未来への方向性を持てる仲間を持ち、意識しつつ実践していくことで

人生のつまらなさを改善していくことにつながります。

 

もちろん、あくまで自分に正直になると同時に責任も負うので、

自分勝手になることではありませんが。

 

ですが、自分の本心を認めることができるなら、当然相手の本心も認められますよね。

そんな自分以外の考えを取り入れていくことで、自分の人生の見方の幅を広げ、

つまらないと以外の考え方の選択肢を手に入れる方法も紹介します。

 

悪口やマイナス面ばかり考え、口にするのは避ける

 

次につまらないと思ってしまう人生、孤独な人生になりがちで

頑張ってもうまくいかない人によく見られるのは、

何かにつけて悪口やマイナス面ばかり考えることです。

 

当然、周りの人は、直接自分のことを言っているのではないと分かっていても

いい気分はしないですし、

「少しでも失敗すると悪口を言われるんだろうなあ」

って思ってしまうので、距離を置くようにしてしまいます。

 

つまり、日常的に悪口を言っていると、周りの人に距離を置かれて、

自分の人生がつまらないものになりますし、孤独に近づいていくと言うわけです。

 

まあ、ここまではよくある話ですが、実はもう一つ大きな問題があります。

 

何かと言うと、悪口を行ったりして否定するだけでは、何も成長できないと言うことです。

 

「どう言うこと?」って思ってしまうかもしれませんが、

例えば、思わぬ失言をして世間から大バッシングを受けた人を見て、

「こんな他愛もないことを言ったばかりにバカだなあ」

って思うよりも、

「こんな小さなことでもバッシングを受けるのか、日々の言動に気をつけよう・・・」

って思うのでは、自分にもたらすものは全然違います。

 

なので、相手のミスをバカにしている暇はもちろん、

自分への悪口に対してイライラしている暇なんてなかったりします。

 

だって、自分で失敗せずに、思わぬ気づき、

つまり、成長する機会を手に入れられるのですから。

 

 

むしろ、喜ぶべきですらあったりします。

 

まあ、だからと言って、自分か他人かに関わらずマイナスなことが

成長のチャンスだって喜ぶようになるのは、普通

「こいつどうしたって?」

ってなるので、それはそれで問題ですが。

 

あくまで、自分の心のうちに留めておきましょう(笑)

 

それでは、最後に人生がつまらないものとしない上に孤独にならないよう

意識するべき手法を紹介しておきます。

他人に正直に相談したり、頼るのを妨げるプライドを捨てる

 

最後に、つまらない、孤独な人生を変えたいと思っている人に、

意外と多いのは、他人に相談したり、頼るのを恥ずかしがる

妙なプライドを持っていることです。

 

まあ、こう言う時、

他人に相談すると負けた気持ちになるから相談しない人と

自分のマイナス面を他人に見せるのが恥ずかしくて相談しない人に

分かれるのですが、どちらにしろ、

人生をつまらないものから面白いものにしたいなら、

もったいないと言わざる得ません。

 

なぜなら、現状を孤独でつまらないと思っている人は、

実はその底辺にいる人の気持ちを理解できるので、

自分で思っている以上に共感能力が高く、あっさり現状打破できることもあるからです。

 

とは言え、やっぱり他人に相談するのをためらってしまう人少なくありませんよね。

 

やっぱり、他人の反応を気にしすぎているからです。

 

例えば、相談すると負けた気持ちになる人は、

相手に弱みを見せるのを嫌がっていると言うことになりがちですし、

他人に相談するのが恥ずかしい人は、

「こんなことを聞いて嫌がれないだろうか?」

と相手にマイナスに思われるのを嫌がっていることもよくあります。

 

では、どうすればいいか?

 

難しく考えなくてもいいですよ、答えは簡単です。

 

質問への反応が悪くない人、それは、

その質問を解決することで到達できるであろう

目指している人生やライフスタイルを実現している人、

もしくは実践の中の人だったりします。

 

つまり、先に解説しましたが、同じ人生の方向性を持つ、

仲間や師匠とも言える存在がいれば、すんなり話が進みますね。

 

 

目指す人生や目標の方向性が同じなら、

話していても、つまらないってことでお互いを否定することはないですし、

少なくともそのための活動で、恥ずかしがって孤独になる必要はありません。

 

むしろ、お互いに得られることも多いです。

 

それに、当然何も知らなければできないですし、

一人で実践するのは、途中で辛くなってしまいがち。

 

だからこそ、他人に相談したりして、

その考え方を取り込むことで人生をステップアップし、

軌道修正させていくことができるわけですね。

 

言うなれば、少し違いますが、

気持ち的には友達に話しかける感覚で相談したり、質問ができます。

 

実際一人で勉強し、検証した技術や結果を手に入れても、

人に聞くだけであっさり手に入り、

時間的な効率から見たら遥かに良いことは少なくありませんからね。

 

つまり、一人で実践するには技術的にも時間的にも限界があります。

 

それを、一瞬と言わないまでも、遥かに効率よく手に入れられるのですから、

できることなら質問や相談をしない手はないでしょう。

 

ではここまで、人生のつまらない状況を解消するのをメインにした話でしたが、

いくら人生のつまらない状況を改善したとしても、

孤独では自分のできることが広くはなりません。

 

だって、自分一人でやれることってどうしても限界がありますから。

 

なので、次からは、やれる限界を広げる

人生で感じてしまいがちな孤独を解消し、

新しい選択肢を選択できるきっかけになりうる方法とか考え方を紹介します。

 

自分の人生で陥ってしまう孤独を打破するためには

 

よく孤独から脱するために人との付き合い方、

コミュニケーション能力が重要なんてことは、

誰でも思いつくし、聞くとは思いますが、それが分かっても、

どうやってコミュニケーション力を上げるんだって話になりますよね。

 

そこで、ここでは、僕も使っている上手く人と付き合う考え方をお話しします。

 

ただし、人との付き合い方を上手くなることばかり意識して、

自分が無理をして、人生がつまらないものになっては意味がありません。

 

なので、なるべく誰もが、無理をしなくても、

できるような付き合い方を意識して紹介していきます。

 

自分自身を認め、自信を持つ

 

まず、人との付き合い方を改善し、孤独から脱するために、

僕が重要だと思っていることは、自分自身を認めて、自信を持つことだと考えています。

 

なぜなら、自分に自信が持てないと、他人と接することつまり、

しゃべることためらってしまうことが多々あるからです。

 

どう言うことかと言うと、

「これを言って、相手がどう思うか、大丈夫か・・・」

ととにかく心配してしまいがちになります。

 

しかし、相手はそんな自分に自信がないことは分かりません。

 

単に、あまりコミュニケーションを

取らないほうがいい人だと思われてしまいます。

 

だからこそ、自分に自信を持って、

行動できるような理由を確立したほうがいいと言うことです。

 

ちなみに、自分に自信を持つと言うことは、

必ずしも、能力的に優れていることだけではありません。

 

むしろ能力以上に、自分の本質つまり

あなたの人生の目標及びそのやりたいことに対して、

毎日歩んでいるか努力しているかに対して自信を持つべきです。

 

「つまり、自分はこんなことをしているぞ」自信理論ですね(笑)

 

なぜなら、能力だけでの自信では、あなた自信に興味がなく、

その能力目当ての人ばかり集まることがあるから。

 

そんな人とばかり会っていても、

自分の人生がつまらなくなってしまうのは明らかですよね。

 

なので、どんな人とも全員と積極的に好かれるように

苦労する必要はありません。

 

と言うか、考えや目指しているものが違う以上、

全員に好かれようとすること自体無理がありますが。

 

まあ、難しくことを言ってしまったかもしれないですが、

要するに、自信を持つにしても、自分自身に正直になってほうがいいと言うことです。

 

そして、自分が相手に、もしくは相手が自分に共感した場合に、

本気でコミュニケーションをとっていくことこそが、

孤独はもちろん人生がつまらないものにならないよう

僕が常日頃から心がけていたりします。

 

ただ、孤独から解消するコミュニケーションと言っても、

ただすればいいワケではないありません。

 

次は、コミュニケーションの内容についても触れていきます。

 

人と心から話し合うことが必要不可欠

 

自分の人生が孤独にならないよう、人とのコミュニケーションが重要なのは分かるし、

実際に、意識して実践している人は少なくありませんが

意外と、意識していないのは本音で語り合ったりすることです。

 

よくありがちなのは、コミュニケーションをすればいいんだろと言うことで、

「こう言ったほうがいいんだろうなあ・・・」

と思い、他人によく聞こえそうなことを想定して話したりしています。

 

しかし、そんな想定問答みたいな上辺だけの関係をしていては、

無駄にエネルギーも使って、疲れるし、

何より、つまらなくなってしまいますよね。

 

なので、例えば、

毎日している仕事をつまらなく感じたり、苦痛を感じたりする場合は、

人間関係が上辺だけのような問題がある場合が少なくありません。

 

まあ、そんな心から語り合えないような関係ばかりあると、

仕事に関しては毎日する場合が多いですから、気が重くなるのは当然ですし、

人間関係が多くても満たされず、孤独に感じてしまうことも。

 

ただもちろん、すべての人とそんな心から語り合えるような

関係になれるワケがありません。

 

ですがせめて、自分の人生の目標を達成するためにできる人間関係については、

同じ方向性の目的や目標を持っているからこその人間関係の場合が多いですから

心から本心を語り合える人になり得るはずです。

 

ただ、心から語り合えるような、

コミュニケーションの取り方や触れ合い方は、

どんなものがいいかピンとこないとは思うので、次に紹介していきます。

 

自発的に話しかけ、自分と相手の気持ちを交換する

 

どんな人でも孤独になりたい人はそうはいませんから、

人と仲良くなるために自分から話したいけど、

何を話したほうがいいか分からないから、

ためらってしまうことって少なくありませんよね。

 

なので、コミュニケーションの際に、

僕が意識していることをお話しすると、ざっと以下の通りです。

 

・自分から自発的に挨拶する

・相手の様子を自分の印象で伝える

・相手の役に立ち、手助けする

・困ったことがあれば、正直に伝える

・気があう(同じ人生の方向性を目指している)と感じたら、自分の話もする

 

ただ、これら以上に重要で、同時にやるべきこととして

自分の気持ちを伝えると同時に相手の気持ちを確認することだと思っています。

 

なぜなら、心から本音で話ができているかどうかの最大の違いって、

お互いの気持ちが積極的かどうかだと思うんですよ。

 

「最近、見た映画ってどんな感じだった?」

「いやー、あの主人公の行動には本当、驚かされたよ」

「そうだよね、それとヒロインの決死の行動にも感動したよね」

「そうそう・・・」

 

とまあ、お互いの気持ちに積極的だとこんな感じですね。

 

でも、相手がどう思っているかなんて当然、

テレパシーでもない限りわかりませんよね(笑)

 

テレパシーが実際にあるかは置いておいて。

 

何せお互いに、

「こんにちは!」

って挨拶しあったとしても、その時点ですでに、

お互いに今考えていることを想像しても違いますから。

 

だからこそ、気持ちを確認しながら会話するのって

孤独から解消され、得る本音を伝え合う関係には重要だと

日々実感しているところです。

 

とは言え、孤独から解消されたとしても、

どうしても、人生につまらない時期ってあるとは思いますので、

そこを乗り越える考え方を紹介します。

 

自分の人生がつまらないのと孤独から無縁である毎日に向かう意識

ここまででつまらない人生の脱却方法を紹介しましたが、

勘違いして欲しくないのは、そのつまらないと自分が思っている人生を脱却する道のりは

「楽しく、ハッピーなことばかり!」ってワケではないということです。

 

むしろ、つまらないこともあり得ます。

 

ですが、そこに引っかかっていては、

変化を好まない人間の体の機能に引っかかって

先に進めなくなってしまいかねません。

 

だからこそ、つまらない現状を脱却するまでは、

一つ一つの結果に目を向けず、今の現状にこだわらないで、

どんどん自分の人生へと軌道修正した方がいいということです。

 

ただ、さすがにつまらないこともありうると言っても、

自分の目標の人生へと目指す道中で

楽しみもワクワクが全然見出せないなんてことはあり得ません。

 

当たり前ですが、道のりがあってこその目標の人生であるワケで、

目標の人生に達するための実践に全くの楽しみがない、

ワクワクなどの興奮することもないのに、

目標の人生に到達したら、いきなり人生バラ色なんてなりませんからね。

 

そもそも、目標の人生に到達できたとしても、

そこまでで行ってきた実践は継続して行っていくことがほとんどです。

 

だからこそ、未来の人生目標と設定し、

少しずつ変わることができるワケですからね。

 

例えば、血のにじむような努力をして

世界1位になって目標を達成できたテニス選手が

目標を達成できたからと言って練習しなくなるなんてあり得ませんし、

そこでテニスの練習が好きではなかったら、毎日の生活が苦痛でしかありません。

 

なので、目標の人生を到達しようと日々努力していても、

その生活に楽しみも興奮もあまり見出せないのなら、

そもそも、目標設定を間違えていると思った方がいいでしょう。

 

それでは、今回の人生のつまらない状態や孤独から脱却する対抗策について

ひとまず、まとめてみます。

 

自分の人生がつまらない状態や孤独な状態への現実的な解決法まとめ

では、今回は自分の人生がつまらないものや孤独にならないよう

現実的な解決策とその考え方について紹介しましたが、

ざっと、まとめるとこんな感じでしたね。

 

・変えたい現状への疑問を持ち、それを解消する未来の目標を設定する

・自分と他人を比較するのをやめる

・悪口やマイナス面ばかり考え、口にするのは避ける

・他人に正直に相談したり、頼るのに気が進まなくしてしまうプライドを捨てる

・目標の人生を到達しようとしている道中で、その生活に

 楽しみも興奮もあまり見出せないのなら、目標設定を間違えている。

 

また、自分の人生の中でも、孤独になりがちな状況を

解消するためにコミュニケーションの考え方も紹介させていただきました。

 

・自分自身を認め、自信を持つ

・人と心から話し合うことが必要不可欠

・自発的に話しかけ、自分と相手の気持ちを交換する

 

実際、僕も上記の解決策は全て実践していますが、

それは何より自分にウソをつかない正直な人生を目指すためで、

こちらの無料メルマガでも解説しています。

 

自分に正直になるための細貝無料情報通信

 

まあ、どちらかというと、本記事で解説した通り

同じ人生の方向性を目指す仲間を探すのも目的だったりするんですけどね(笑)

 

それでは、今回はこの辺で・・・

記事も読んでいただきありがとうございました。

 

↓↓↓

↓↓↓

本当にやりたいことに集中するために、

ネットに半自動の収益源を作ってしまう方法

今、公開していきます!

↓↓↓  今すぐチェック  ↓↓↓

「The Auto Life Asset」

 

今後の発信を改良するアンケートにご協力ください

 

 

当サイト及びメルマガであなたも含めて

読者のみなさんには、自分が本心から

望んでいる人生を送っていただくために、

個人の稼ぎ方等の必要な情報をお伝えしていき、

そのための商品を開発しようと思っています。

 

そこで、あなたの現在の悩みや

人生で目指している目標をお教えください!

 

今後の記事やメルマガに反映していきます。

 

ブログ、メルマガ改善のためのアンケート